事実は一つ受け止め方は無限大

エージェントゲートの代表である緑川は、非常にポジティブです。本人もですし、そういう人間を好みます。独立する以前はトランス・コスモスという会社に所属してまして、トップセールスマンでした。実はそのころの彼の上司と偶然にも自分は何度か食事したことがあります。

その上司の方は以前、自分の会社を経営されていて、トランス・コスモスさんにその会社を買収された方でした。ご自身で会社を経営されていたころ、すごく立派なオフィスに移転され、その地代家賃で年間数億円の赤字を出された時期がありました。でも、食事の時に「あのタイミングであのオフィスに移転したのは本当に良かった。なぜなら、そのおかげで今の取引上位のクライアントさん達とお付き合いが始まったのだから」と仰ってました。

お話を伺って、経営者のメンタリティーってこうなんだろうなと勉強させられました。「~のせいで」と考えるのではなく「~のおかげで」今の自分があるという感謝の気持ち。赤字を出してしまったという事実は誰がどう見ても変えようがありません。でも、その事実をどう受け止めるのかは、受け止める人、次第なんだなと。

財布を落とせば、財布を無くしてしまったという事実は一つですが、ちょうど、買い替える時期だったんだなと受け止めることだってできるということですね。その方のDNAは緑川にも受け継がれているように思います。そしてそのDNAを私たちも受け継いでいきたいです。

Comment (1)
  1. wpmaster より:

    一見失敗に見えることも、そこから学びや気づきを見出せば、大きな財産になりますもんね。私も常にポジティブな気持ちで何事も取り組みたいです!ありがとうございました。

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む