常に期待以上のものを出す気持ち

エージェントゲートには新卒の社員が今年は3名います。それぞれに個性があり、もうすでに最前線の現場で活躍している姿を見るととても頼もしいです。

新人のころ任される仕事って、まだ重要じゃないものだったりします。もしかしたら、お茶出しとか書類のコピーとかお客様のご案内とか・・・中には「こんな仕事、私じゃなくたってできる、もっとやりがいのある仕事をしたい」と思う人もいるかもしれません。でも、仕事って一つ一つ成果をだして一つ一つやりがいのある仕事を任されるようになっていくものです。いきなりルーキーがそんな仕事を任されるはずがありません。

一つ一つ成果を出すといってもコピーなんて誰がやっても一緒じゃないか、という意見も聞こえてきそうです。でも、コピーでも十分期待以上の成果を出す人もいます。例えば、上司から営業会議でみんなに話をするために、新聞のコピーを頼まれたとしましょう。Aくんはただ、その新聞をコピーします。Bくんは必要な記事の部分を拡大コピーして何々新聞の何月何日、何面の記事だったかをメモしたとします。Cくんは更に関連するネット記事を今日見ていたので、そのネット記事も同じコピーの書類に添付したとします。

誰の仕事が上司から評価を受けるのかは一目瞭然です。コピーしてほしいというのは仕事の本質ではありません。上司の目的はこの情報を各営業マンに共有し、自分の営業に活かしてほしいというのがコピーの目的です。そこを理解していると、仕事の質がぐっと上がります。そして、次回はもう少し重要な仕事を任されるようになっていくのです。指示されたことができればよいのではなく、いかにその依頼の内容を自分で理解して期待以上のものを返したいと思えるのか、そこがポイントです。

Comment (1)
  1. 親松 より:

    本日は私のための文章だと感じました、ありがとうございます。この話を読んで、3人のレンガ職人の話を思い出しました。
    常に仕事の本質を考えて行動することで、どんな仕事でもモチベーションが持てますし、出せる成果の質も高まりますね。
    常に仕事の本質を考える習慣付けます。本日もありがとうございました!

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む