努力は夢中には勝てない

エージェントゲートではMUST(しなければばならない)よりもWILL(したい)を大事にしていると以前の記事にも書きました。仕事はやらされるのではなく、自らやりたいと思えるようなマネージメントを心がけています。

「努力は夢中には勝てない」とは私の大学の後輩、ハードルで有名な為末大選手の言葉です。「これを知るものはこれを好むものに如かず。これを好むものはこれを楽しむものに如かず。」という言葉も有名ですね。為末選手は本当にストイックで徹底的に自分を追い込み練習する努力家です。しかし、その努力では心からハードルを楽しんでいる選手には勝てないということを実感してこの言葉が出てきたようです。

子供のころ私は円周率を100桁ほど暗記していました。テレビでよく新幹線の駅名を全部暗記している子供なんかもでてきます。なぜそんなことができるのでしょうか?それは、純粋に覚えることが楽しいからです。大人に円周率を覚えるように指示をすると「なぜ、そんなことをしなくてはいけないのだろう?」「円周率を覚えると何かいいことがあるの?」とその必要性に理由を求めます。だから覚えられないのです。子供は円周率を覚えること自体が楽しいので、理由など必要ありません。だからどんどん覚えてしまうのです。

子供の気持ちで仕事を楽しめとまではいいません。もちろんそこまで純粋に仕事を楽しめるのならそれに越したことはないですけど。でも、そんな気持ちをどこかには持てるように心がけたいものです。

“努力は夢中には勝てない” への1件の返信

  1. 本日も素晴らしいお話ありがとうございます。
    「努力は夢中には勝てない」というのは
    非常に共感できます。私も子供の頃、世界各国の首都を覚えるのに夢中だったのを思い出し、まさに今回の話に繋がるなと感じました。
    私は、他人から見たら努力に見えるが、本人は楽しんでいるから努力とは思っていない状態というのが一番理想的だと思います。そして、そう思える仕事こそが天職なのだと思います。
    日頃から楽しむ心を持って仕事に臨むことが大事ですよね。またブログ楽しみにしています。ありがとうございました!

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です