努力は夢中には勝てない

エージェントゲートではMUST(しなければばならない)よりもWILL(したい)を大事にしていると以前の記事にも書きました。仕事はやらされるのではなく、自らやりたいと思えるようなマネージメントを心がけています。

「努力は夢中には勝てない」とは私の大学の後輩、ハードルで有名な為末大選手の言葉です。「これを知るものはこれを好むものに如かず。これを好むものはこれを楽しむものに如かず。」という言葉も有名ですね。為末選手は本当にストイックで徹底的に自分を追い込み練習する努力家です。しかし、その努力では心からハードルを楽しんでいる選手には勝てないということを実感してこの言葉が出てきたようです。

子供のころ私は円周率を100桁ほど暗記していました。テレビでよく新幹線の駅名を全部暗記している子供なんかもでてきます。なぜそんなことができるのでしょうか?それは、純粋に覚えることが楽しいからです。大人に円周率を覚えるように指示をすると「なぜ、そんなことをしなくてはいけないのだろう?」「円周率を覚えると何かいいことがあるの?」とその必要性に理由を求めます。だから覚えられないのです。子供は円周率を覚えること自体が楽しいので、理由など必要ありません。だからどんどん覚えてしまうのです。

子供の気持ちで仕事を楽しめとまではいいません。もちろんそこまで純粋に仕事を楽しめるのならそれに越したことはないですけど。でも、そんな気持ちをどこかには持てるように心がけたいものです。

Comment (1)
  1. 親松 より:

    本日も素晴らしいお話ありがとうございます。
    「努力は夢中には勝てない」というのは
    非常に共感できます。私も子供の頃、世界各国の首都を覚えるのに夢中だったのを思い出し、まさに今回の話に繋がるなと感じました。
    私は、他人から見たら努力に見えるが、本人は楽しんでいるから努力とは思っていない状態というのが一番理想的だと思います。そして、そう思える仕事こそが天職なのだと思います。
    日頃から楽しむ心を持って仕事に臨むことが大事ですよね。またブログ楽しみにしています。ありがとうございました!

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む