仕事の向き合い方と成果の関係

皆さんはお仕事中に「今、何をしているんですか?と聞かれたら、どのように答えられますか?「私はデザイナーで、いまこんなお客さんのウェブサイトを作っています。」「私は人事で、新卒採用の面接をしています」など、いろいろでしょう。

イソップ童話の中に、こんな話があります。

世界中を旅している旅人がいました。とある郊外を歩いていると、道端にレンガを積んでいる人がいます。旅人は「何をしているの?」と話しかけると、「見たらわかるだろ、俺はここにレンガを積んでいるんだよ。毎日毎日こんなことばかりやらされて、たまったもんじゃないよ」と、苦労話を聞かされました。
また少し歩いてみると、さっきと同じように道端でレンガを積んでいる人がいました。
旅人はまた「何をしているの?」と、聞いてみると、「私はここで大きな壁を作っているんだよ。大変な仕事だけど、これで子供たちを食わせていけるんだから、仕事があるだけありがたいもんだね。」と、少し満足げに話してくれました。
もう少し歩いてみると、またまた同じように道端でレンガを積んでいる人がいました。同じように「何をしているの?」と聞いてみると、「私はここに大聖堂を作っているんだよ。こんなに胸の張れる仕事は他にないね。だってこの仕事が完成したら、いろんな人達が幸せを願える場所を作っているんだから。」と、たいそう誇らしげに話してくれました。

3人の職人達は、明らかに各々のモチベーションが違います。そして、どの職人が最も成果を上げるのか・・・いうまでもありません。仕事と向き合ってビジョンをしっかりと自分の中に落とし込めていると、自然にモチベーションが高くなり、更に成果につながります。エージェントゲートではそのような仕事の向き合い方を大事にしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む