手放すこと

何か新しいものを手に入れようとしたとき最も近道は・・今あるものを一度手放すことではないでしょうか?誰でも手放すことは苦手です。やる、買う、手に入れるという決断はしやすいですが、やらない、手放すという決断をすることは非常に難しいことです。

以前、私は泳ぐのが苦手でした。何が苦手かといえば「息継ぎ」です。泳ぐのが苦手な人は恐らく多くの人がこの息継ぎで壁にぶつかるのではないでしょうか?息継ぎができない私にアドバイスをいただいたのは・・・とにかく水中で息を吐ききるということでした。

苦手ということもあって、意識は「とにかく息を吸いたい」ということばかりになってしまいがちです。でも、息を吸うには息を吐ききった状態でなければ吸うことができません。吐ききってないのに水面に顔を出すので、慌てて息を吐いて吸おうとするので、余計に息継ぎがうまくできず、水を吸い込むという結果につながるのでしょう。そんな言われてみれば当たり前のことができないものなんですね。

全く同じで、何か新しいものを手に入れようとするのなら、一度、いま手にあるものを手放すと、思った以上にすっと手に入れることができるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む