母の思い出

私の母は10年ほど前に他界しました。3か月ベッドで寝たきりで過ごし、最後の1週間ぐらいは脳梗塞で意識がなくなりました。私の誕生日が終わって5分後に息を引き取ったのですが「息子の誕生日と自分の命日を一緒にさせたくなかったのではないか・・母親ってすごいな」と感じたものです。

意識のなくなる前に、実は母から携帯電話のことで相談がありました。脳梗塞の予兆がきっとあったのでしょう、うまく携帯が使えないので、使いやすい携帯が欲しいという相談でした。翌日、これが一番使いやすいのではないかという「楽々フォン」を買ってきて母にプレゼントしました。しかし、それでもうまく使えないようで・・もっと使いやすいのはないかと聞かれ。「これ以上使いやすいものはない。これで無理ならもうあきらめろ」と言ってしまいました。その翌日、母は意識を失いました。つまり、母と最期に交わした会話がこんな内容になってしまったのです。

今でもその時のことは鮮明に覚えています。きっと死ぬまで忘れることはないでしょう。後悔してもしきれない思い出です。誰もがなんとなく、明日は必ずやってくるという勘違いをしているのではないでしょうか?私はこのことで「母だけでなく、全ての人は明日の健康を保証されていない」ということを痛感しました。

だからこそ、いつかやりたいと思っていることは今やるべきだと考えています。母が命をもって教えてくれた教訓です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む