サニーサイドに注目する

人には誰でも得意なことと不得意なことがあります。もっと言えば、できることとできないことがあります。私は管理をするのもされるのも苦手ですし、整理整頓にいたってはできません・・・そのかわりに人には思いつかないようなアイデアを考え出したりすることができます。

障碍者といわれる人も実は同じです。私の友人はものを視覚的にとらえることができないかわりに、触覚が私とは比較にならないほど優れています。点字ができるだけではなく、今治のタオルメーカーとコンサルティング契約をしてタオルの肌触りや水の吸い取り具合などをアドバイスする仕事をしています。そして、そのタオルは伊勢丹で最も売れるタオルになっているようです。

つまり、視覚障碍の彼はできないことも目立つ分、できることもものすごく突出しているのです。しかし、社会は目が見えないという部分だけに注目しすぎではないでしょうか?彼だけではなく、世の中の人たちのサニーサイドに注目してその個性を活かして、その人にしかできない仕事をできるようにするのがエージェントゲートのミッションです。

全ての人や物にはサニーサイドが必ず存在しています(と信じています)。まずはそこに目を向けられる人間になりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む