多様性とイノベーション

エージェントゲートは「社会の一人一人がその個性を活かし光り輝くダイバシティーな世の中を実現する」ことを目標にしています。そのため、人材もジェンダーや国籍、考え方などできるだけ多様な人材を採用するように心がけています。

エージェントゲートがなぜ多様性を重視しているかについて少しお話します。

数十年前の日本では働いているのはほとんど男性でした。しかし、女性はどんどん社会に進出し、数多くの女性が社会で活躍しています。男性だけでは思いつかないアイデアやサービスがそれによって次々と産まれ、日本はとても豊かになったと確信しています。

性別だけではなく、同じような人が集まって、どれだけ話し合っても、なかなか今までにない新しいサービスやユニークなアイデアを作り出すことは難しいのではないでしょうか?つまり、イノベーションは多様な人材が意見を出し合ってこそ生み出されるものだと確信があるのでエージェントゲートは「多様性(ダイバシティー)」を重視しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です