裸の王様

裸の王様はアンデルセンの童話の代表作です。洋服にうつつを抜かす王様を仕立て屋の詐欺師がバカには見えない生地でできた服をつくってだますのですが、バカには見えない生地を見えないと言えない王様、そして周囲の部下たちもそのことを言い出せない、更には町の人たちもそのことを言い出せないままパレードは続き、子供だけが「王様が裸だよ」と正直に言うというお話です。誰もが一度は聞いたことのある有名なお話ですね。

この話にはいろいろな教訓が含まれていますが、一番使われるのは・・「指摘しない」「指摘出来ない」人たちの存在。王様はしっかり指摘できる人をそばに置こうとしない。つまり、自分にとって敢えて苦言を呈してくれる人を置くことの重要さを戒めています。「服」を、その人間の「資質」「能力」「実力」などと読み替えれば、教訓の意義はもっと分かりやすくなるでしょう。資質も能力も実力もないにもかかわらず、あると思い込み、取り巻きもそれに異議を唱えず、褒めそやす。「裸の王様」は、周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなっている人の例えで使いますが、本人にそうした自覚が一切ないことが非常に問題といえます。

先日、打ち合わせの中で私に仲間が指摘をしてくれました。立場で言えば部下になる存在です。彼は立場には関係なく、だめなものはだめといい、よいものはよいと言える人間であることはもちろん認識していました。しかし、いざ本当に本人を目の前にして上司に対して意見をするというのはなかなか難しいことでしょう。きっと彼が私のことを信頼し尊敬してくれているからそのような意見をきちんと言えるのだろうと、その際に心から感謝しました。そして、私も彼を信頼し尊敬しているから、その意見を冷静に聞くことができるのだろうと。本当に彼の指摘は自分は全く認識していなかったので、とても良い気付きになりました。そう、私が裸の王様になることを止めていただいたのです。

同じように私も代表に対して何か苦言を呈さなくてはいけないときには、必ずそれを伝えなくてはいけないと考えさせられました。そして、代表もその話に必ず耳を傾けてくれることと信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む