心のニュートラル

昨日は久しぶりにやることが多すぎてブログの更新ができませんでした。お恥ずかしい限りです。忙しいという字は「心」が「亡くなる」と書きますが、私はそんなときに大事なことは心の状態をニュートラルにしてあげることではないかと考えています。

人間生きていればいろいろなストレスが降りかかってきます。苦手な人づきあい、気の進まない仕事・残業も次々にやってきます。この時期は花粉で体調までがすっきりせず、いっそう心が重たくなる季節です。心が疲れる最大の原因は、「マイナスの感情」です。ムカついたり、緊張したり、落ち込んだりといった負の感情におそわれると、やる気を失い、物事に集中できなくなります。こうしたとき、多くの人が「元気を出そう」「楽しもう」と考えます。「憂さ晴らしにお酒」とか「ストレス解消にスイーツを」とか。気分転換をすることは悪いことではないのですが・・・

しかし、心を亡くさないために大事なことは「心のニュートラルな状態を取り戻すこと」ではないかと私は思います。つまり、不快でもないし、快でもない穏やかな状態です。やることが多く忙しいと、この快と不快の間をものすごい勢いで反復横跳びしているような状態になり、心が亡くなってしまうのではないでしょうか。そうならないためにも、夜寝る前の5分間だけでも意識的に「無」「心のニュートラル」な状態を作り出して上げるととてもすっきりした気持ちになれます。

もしよければ皆さんもお試しください。特に忙しい時に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む