心のニュートラル

昨日は久しぶりにやることが多すぎてブログの更新ができませんでした。お恥ずかしい限りです。忙しいという字は「心」が「亡くなる」と書きますが、私はそんなときに大事なことは心の状態をニュートラルにしてあげることではないかと考えています。

人間生きていればいろいろなストレスが降りかかってきます。苦手な人づきあい、気の進まない仕事・残業も次々にやってきます。この時期は花粉で体調までがすっきりせず、いっそう心が重たくなる季節です。心が疲れる最大の原因は、「マイナスの感情」です。ムカついたり、緊張したり、落ち込んだりといった負の感情におそわれると、やる気を失い、物事に集中できなくなります。こうしたとき、多くの人が「元気を出そう」「楽しもう」と考えます。「憂さ晴らしにお酒」とか「ストレス解消にスイーツを」とか。気分転換をすることは悪いことではないのですが・・・

しかし、心を亡くさないために大事なことは「心のニュートラルな状態を取り戻すこと」ではないかと私は思います。つまり、不快でもないし、快でもない穏やかな状態です。やることが多く忙しいと、この快と不快の間をものすごい勢いで反復横跳びしているような状態になり、心が亡くなってしまうのではないでしょうか。そうならないためにも、夜寝る前の5分間だけでも意識的に「無」「心のニュートラル」な状態を作り出して上げるととてもすっきりした気持ちになれます。

もしよければ皆さんもお試しください。特に忙しい時に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む