普通という呪縛

エージェントゲートの緑川や仲間に心から感謝することの一つに「私に対して普通を求めてこない」ということがあります。お前はお前でよいのだと日々の業務の中で常に言ってもらっていることがどれほど心の開放につながっていることか、本当に感謝してもしきれません。

正直なところ私は世の中でいう普通とはかなり縁がありません。髪の毛の半分はブルーで通年で短パン、爪にはマニキュア、目にはカラコン・・・そんな人間が営業をしてるのですからよくぞ許していただいているものだと、こちらの頭が下がります。今までの人生でも、いろいろな場面で「普通の人だったらこうするよ」「なんで普通なことができないの」というようなことをよく言われてきました。「普通」ということばにかなりコンプレックスもありましたし、縛られてきたと言ってもよいでしょう。

普通とは他と比べて変わらないこと、一般的であることをいいます。しかし、普通とはきわめて相対的なものです。日本人にとって海外では普通ではなかったり、つまり、普通とはその人の所属する集団によってかわるのです。国、会社、家庭、学校、宗教など人間はいろいろな組織に所属します。そしてその組織に共通する習慣や文化が普通を定義するのです。だから普通は相対的なものなのです。そう、究極「普通」とは一人一人全く違うものを持っているのです。

エージェントゲートはそれぞれの普通を大事にしていきたいと考えています。なぜなら、なぜなら人は人材という塊でみるものではなく、一人一人の能力や個性を見るものだからです。この考え方の基本こそがエージェントゲートが行うタレントマネージメント事業の本質なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む