普通という呪縛

エージェントゲートの緑川や仲間に心から感謝することの一つに「私に対して普通を求めてこない」ということがあります。お前はお前でよいのだと日々の業務の中で常に言ってもらっていることがどれほど心の開放につながっていることか、本当に感謝してもしきれません。

正直なところ私は世の中でいう普通とはかなり縁がありません。髪の毛の半分はブルーで通年で短パン、爪にはマニキュア、目にはカラコン・・・そんな人間が営業をしてるのですからよくぞ許していただいているものだと、こちらの頭が下がります。今までの人生でも、いろいろな場面で「普通の人だったらこうするよ」「なんで普通なことができないの」というようなことをよく言われてきました。「普通」ということばにかなりコンプレックスもありましたし、縛られてきたと言ってもよいでしょう。

普通とは他と比べて変わらないこと、一般的であることをいいます。しかし、普通とはきわめて相対的なものです。日本人にとって海外では普通ではなかったり、つまり、普通とはその人の所属する集団によってかわるのです。国、会社、家庭、学校、宗教など人間はいろいろな組織に所属します。そしてその組織に共通する習慣や文化が普通を定義するのです。だから普通は相対的なものなのです。そう、究極「普通」とは一人一人全く違うものを持っているのです。

エージェントゲートはそれぞれの普通を大事にしていきたいと考えています。なぜなら、なぜなら人は人材という塊でみるものではなく、一人一人の能力や個性を見るものだからです。この考え方の基本こそがエージェントゲートが行うタレントマネージメント事業の本質なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む