バリアバリューとタレントマネージメント

障がい福祉の言葉で「バリアフリー」と言う言葉があります。皆さんもバリアフリーという言葉を一度は耳にされたことがあると思います。バリアフリーとは障がい者や高齢者のような社会生活弱者が社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障がいや精神的な障壁を取り除くための施策をいいます。

要するにバリア(社会から不便を)をなくすという話ですね。このバリアフリーと言う考え方はバリアをなくしていく、つまりマイナスの部分を出来るだけなくしてゼロに近づけるというアプローチだと言えます。しかし、ある老人ホームで階段などの段差をなくし、どんどん不便をなくしていったところ・・老人は元気をなくして引きこもってしまったそうです。そこで、あえてバリアを残す「バリアアリー」という考えがうまれ、バリアを残しご飯もバイキング形式で自分でとりに行くようにしたところ、すごく元気になったそうです。

さらに最近新しい考えで「バリアバリュー」と言う考えがあります。障がい者にもサニーサイドがあり、彼らの持つ特性を活かしてゼロからプラスのものを生み出していくと言うアプローチです。バリアがバリュー(価値)になっていくと言う考えですね。これはエージェントゲートの考える一人一人が個性を発揮して輝いて働く社会の実現と共通する部分があります。そう、時代はバリアフリーからバリアアリーになり更にバリアバリューな世界に変わっていくのです。

一人一人のサニーサイドに目を向けてその才能を開花させることこそがタレントマネージメントなのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む