1/4の奇跡

先日ある本をお借りする機会がありました。あまりの面白さに一瞬で読みきってしまったのですが、その中に遺伝子をテーマにしたお話が書かれていました。

ある時アフリカのある村でマラリアが大発生して村中の人たちが次々と死んで行ってしまいます。しかし、絶滅はしませんでした。不思議に思ったドクターは生き残った村人の血液を検査してみました。すると・・・あることが分かったのです。通常の赤血球はハンバーグのような形をしているのですが、この村には鎌状赤血球という特殊な形の赤血球を持った人がいたのです。そして、この鎌状赤血球を持った人がマラリアにかからないということがわかりました。更に調べるとその特殊な赤血球をもつ人の1/4の人は障碍を持っていることが分かりました。

もしも障碍を持っている人を排除してしまおうという考えがあり、切り捨ててしまったとしたら・・・他の3/4の人も存在しなかったことでしょう。つまり、この村を救ったのはこの1/4の障害を持った人だというのです。私たちがいま元気に明日に向かって歩いていくことが出来るのは、過去に障碍をもっても努力しながら生活を送ってくれた人がいるおかげだと考えることは出来ないでしょうか?もし、その人たちがいなければ私たちはこの場にいないかもしれません。

いま、私たちが生きている社会にも障碍や病気を背負っている人がたくさんいらっしゃいます。その人たちは、未来の私たちの子孫のためにも私たちが支えていかなくてはならない大切な人なのかもしれません。いやきっとそうに違いありません。この作品は1/4の奇跡という映画にもなっています。映画を観た障碍者の方から「自分は生まれて初めて障碍者に生まれたことを誇りに思いました」という言葉を聴いて。胸が熱くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む