周利槃特(しゅりはんどく)

日本理化学工業さんという障碍者をたくさん雇用している会社にお邪魔したときのこと・・・見学の前に太田会長のお話を伺う機会がありまして、こんなことをお話されていました。

皆さんは「羅漢」ってご存知でしょうか?正式には「阿羅漢」というらしいです。私も名前ぐらいしか聞いたことなかったです。仏教における修行最高段階の地位だそうです。羅漢は16人しかおらず尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のことを言います。そのお釈迦様の弟子、羅漢16人の中に周利槃特(しゅり・はんどく)という方がいます。周利槃特はお釈迦様の弟子中でもっとも愚かで頭の悪いお弟子さんでした。今で言うところの知的障害者だったのかもしれません。自分の名前さえしばしば忘れるほど記憶力が悪かったので、背中に名札をはっていたというエピソードを後から読みました。

それほど記憶力がおとっているので、当然ながらお経を暗記することなど出来ません。そこでお釈迦様は彼に一本の箒(ほうき)を与えて「塵を払い、垢を除かん」と教えます。それからというもの、彼はくる日もくる日も掃除をします。そうして、お経は一つとして読むことは出来ませんが、お弟子さんの中で最高位である羅漢16人に入ったそうです。

お釈迦様は大衆に「悟りを開くということはたくさんお経を覚えることでは決してない。たとえわずかなことでも、徹底しさえすればそれでよいのである。見よ。周利槃特は箒で掃除することに徹底して、ついに悟りを開いたではないか」と言ったそうです。私も多くのことを極めようとせず、まずは自分にできる、自分が最も得意とすることを極めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む