恥をかく

エージェントゲートでは社員のそして企業の成長をとても重視していると以前書きました。人間ができなかったことをできるようになるには、どのようなプロセスが必要になるのでしょうか?

それは、恥をかくということです。

子供は成長が早いとよく言います。もちろん、身体的な意味でのことですが。合わせて、子供のころはいろんなできなかったことができるようになっていきます。どんな人でも最初から絵が欠けたり歌が歌えたり、泳げたり、自転車に乗れたり、ダンスが踊れるわけではありません。では、できる人とできない人の差は何でしょう?それは能力の差ではなく、失敗してもできるまでやり続けたかどうかというだけです。

自転車に乗れる人は、転んでも転んでも乗れるようになるまで練習したということです。子供のころは何でもできないのが当たり前なので、転ぶ姿を見ても馬鹿にする人はいません。しかし、大人になるとできないことに挑戦することは恥ずかしくなってしまいます。なぜなら、うまくできるようになるまでは何度も失敗するからです。そう、恥をかいてしまうのです。

しかしながら、子供でも大人でも物事ができるようになるプロセスは同じ。子供のころは恥をかくのが平気なのでいろんなことができるようになりますが、大人になると恥ずかしいので挑戦しなくなり、成長が鈍化するのです。それはとても残念なことです。

なので、エージェントゲートでは今までできなかったことに挑戦する姿を見かければ、積極的に褒めます。今はいい感じだった、もう少しでできそうだよね。そんなマネージャーたちの声がけを耳にすると誇りに思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む