サクセスストーリー

私は自他ともに認める妄想家です。妄想させれば一人で永遠に妄想し続けます。なので、今の自分やチームにはとてもできないことでも、頭の中で「そんなこと余裕でできる」と思い込んでしまうことが多々あります。そしてもちろん、実際はできません・・・(笑

そのおかげで(そのせいで?)会社をこかしたこともあります。いろいろな失敗を数多くしてきました。私の中ではそれは苦々しい思い出であり、あんまり思い出したくない物語でした。しかし、先日代表の緑川とお客さんの会食に同席させてただく機会があって、そこでエージェントゲートを彼自身が見直しながら、今までの歴史を語る場面があったのです。緑川にしろエージェントゲートにしろ、本当に苦労の連続、失敗も数多くありました。しかし、その物語が本当に面白く引き込まれている自分に気が付いたのです。

大切な仲間の離脱やもう現金が全くなく融資がなければ給与も支払えないというぎりぎりの時期など・・きっとその時は本当にしんどかったんだろうという話ばかりでしたが、これからの明るい未来の話もするので、物語としてはワクワクして仕方ありませんでした。確かにそうですよね?どんなドラマも映画も主人公が最初からお金もあって頭もよくてスポーツもできて・・そのまま成功しました。そんなお話なんにも面白くない。いろいろな挫折や困難があって、それを乗り越えて成功をつかみ取る、そんなサクセスストーリーだから感動するんでしょう。エージェントゲートの話はまさにそんな話でした。しんどい時期もあったけど、そこでやめれば失敗の話・・でも、最終的に大成功すれば失敗は大成功のための盛り上げる演出ぐらいのことになるんだと勉強しました。

私自身の今までの失敗体験も含めて、これからのエージェントゲートのサクセスストーリーのプロローグにしていこうと思います。そうしたら、過去の苦々しい思い出にも感謝する日が来る気がしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む