元氣は価値

よく言われていることですが、企業も生き物も生き残るものは共通の特徴があります。生き残るのは決して大きな企業や生き物でも、強い偉業や生き物でもありません。変化に対応することのできる企業と生き物が「適者生存」で生き残っていくのです。

では、現在の適者とはどのような企業なのでしょう?高度経済成長の時代は物がたくさん売れました。大量生産、大量消費・・つまりものそのものに価値がありました。車、テレビ、冷蔵庫、消費者はまだ持っていないそれらのものが欲しくて一生懸命に働き、お金をためてそれを買いました。では、今はどうでしょう?車、テレビ、冷蔵庫のない家庭がどれだけあるでしょう?もうほとんど物はそろってしまったのです。つまりものには価値はなくなりました。今価値のあるものは「体験」「経験」なのです。その中の一つに「元気」があります。今の世の中元気がありません。元気になれるものは確実に売れます。

例えば・・・東京ディズニーランド 私も尊敬する企業の一つですが、幕張の駅前でこれからディズニーランドに行く人を見て、元気がない人っているでしょうか?(笑 子どもなんかはもう行くだいぶ前からきっと「今年の夏休みはディズニーランドに行ける」ということで元気になっていることでしょう?なぜそうなのか・・それは、そこに行けば自分が元気になると知っているからです。人も同じではないでしょうか?これからの時代きっとこの人と話をすると元気になれる、この人と会って顔を見ているだけで元気になる。そんな人にはものすごく価値があるように思います。

エージェントゲートのメンバーは緑川を筆頭に人を元気にできる人間です。だから会社としてとても価値があると私は感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む