自分のためと誰かのため

エージェントゲートは社会のためになることをすることで、必ず自分たちが儲かると信じています。もっと言えば、そういう社会にするために今日々頑張っています。エージェントゲートだけではなく、私たち以外の会社でもそういう会社が存在するのならなんとしても儲かってほしい、そして、その経営が継続してほしいです。

皆さんは「100万回生きたねこ」という絵本を読んだことがあるでしょうか?かなり有名な絵本なので結構多くの人が読んだことがるのではないでしょうか?かなり意味の取り方がいろいろできるので、その人それぞれの「100万回生きたねこ」があるに違いありません。あらすじとしては、このねこはいろいろな人に飼われます。王様だったり海賊だったり、おばあさんだったり、サーカスだったり・・・多くの人に飼われ、大事にされて暮らしていきます。死ぬときは飼い主はみんな涙を流しますが、本人は飼い主を好きになったことはありません。ある時ねこは自分自身で生きていく(誰かに飼われるのではなく)ことになります。そこで大好きな白い猫と出会い、幸せに暮らしたのちに白い猫との別れを迎えます。生まれて初めてねこは悲しくなり涙を流します。そして、二度と生まれ変わることはありませんでした。

確かこんな話だったと思います(違う部分はお許しください)私はこの話をこんな風にとらえています。何度も何度も生まれ変わるねこは、ずーーーっと人から何かをしてもらうねこでした。餌をもらい、寝る場所をもらい。そして、今度は自分自身のために生きるねこになります。人に何かを与えてもらうだけの人生より自分のために生きていることは充実します。しかし、その中で誰かのために生きるという生き方があることに気が付きます。そう、自分自身のために生きることは楽しく充実しているが、それだけではつまらない。更に誰かのために生きてこそ、人生は充実し生まれ変わってやり直す必要がないほどの満足感を得られるのではないか。

私はそんな風にこの絵本を読んでいました。だからこそ、誰かのため社会のためになることをすれば必ず自分が幸せになると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む