当たり前のことはない

エージェントゲートでは毎週月曜日の朝に会社の周辺のゴミを拾う取り組み(Jinboucyou Cleanup Project)も初めて3か月がたちました。3か月続けているといくつか気づくことがあります。その一つをご紹介します。

ゴミを拾っているといくつか、ゴミが全く落ちていないエリアがあることに気が付きます。ここにはみんなごみを捨てないんだなぁーと思っていると、別の日の朝、そのエリアは他の方が掃除をされていることに気が付きます。そう・・よくよく周囲を見渡していると朝早い時間には私の他にもゴミを拾ったり掃除をしている人が多くします。そう、ごみが捨てられないわけではなくきれいなエリアはちゃんとごみ掃除をする人がいるんです。普段生活していて当たり前だと思っていることってたくさんあります。ゴミが落ちてなくきれいな道。走りやすく舗装されている道路。気持ちよく使えるトイレ。

どれ一つとして何の努力もなしに維持できるものではありません。誰かがそれを維持してくれているんです。会社でも同じことです。ゴミ箱にごみが捨てられる。蛍光灯が切れていない。観葉植物が元気に成長している。湯呑がきれい。どれもこれも自然にできているわけではありません。自分はやらずに維持できていることは誰かがやってくれているんです。そう考えると本当に感謝することばかりです。そして、私は私にしかできないことで会社にそして社会に貢献しなくてはいけないなと感じます。

世の中の当たり前と思うことはきっと誰かの努力によって維持されているんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む