心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。

人が意思決定をするには何かしら判断基準がなくては成立しません。人にはそれぞれ物差しがあって・・例えばお昼ご飯に何を食べるのかについて考えると、かけられる時間、食べてもよいカロリー、最近食べたものや食べてないものとのバランス、かけられる予算などを複合的に吟味することで、最終的に何を食べるかの決断をします。大げさですけど(笑 でも、意識しているかしていないかは別として、そういった複雑な判断軸の何を重視するかなどを検討して意思決定を行っているのです。

ビジネスではどうでしょうか?会社の最終意思決定は代表が行います。代表が一日に行う意思決定はものすごい数です。その数を少しでも減らせるように現場が対応できればそれに越したことはありません。人間が一日に意思決定できる数は限界があるというのが、脳科学者の間では定説です。一定の数しか人間は意思決定できないのです。それを超える意思決定は冷静な判断ができなくなります。なので、できるだけ現場で判断ができるものは現場で判断するべきなのです。全ての意思決定を代表にゆだねてしまったら、代表の意思決定の上限を超えてしまうのです。なので、私はビジネスの中では、できるだけ自分で意思決定をします。その際の心の羅針盤は「代表である緑川ならきっとこう判断するはずだ」というものです。

緑川はであれば必ずこう判断するはずだという確信があれば、私はその信念に従って自分で意思決定をします。しかも、その判断がエージェントゲートのビジョンや理念、目標に合致しているのなら、さらに自信をもって自分が意思決定をします。もちろん、意思決定した内容は随時、報告をします。ですから、社員全員が、緑川の考えとエージェントゲートのビジョン理念を頭にしっかりと叩き込み、心の羅針盤とできるのなら非常に意思決定の早い組織になることができると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む

2019年6月12日

成長と育成

私が大学を卒業し就職したころは今とは働き方もだいぶ違ったので、上司から指示があった場合、今の自分の仕事の状況や指示の難易度はとりあえずさておき・・・「はい、やります!」と答えるようにと指導を受けていました。なぜなら・・・上司は部下の成長が最も評価され、全ての指示は部下である自分のためだと確信しているからです。 私は立場的に若い人と採用面接…

続きを読む