プレッシャー

誰しも生きていると「ここ一番」というタイミングが何度も訪れます。大事な商談、プロポーズ、スピーチなどなど・・・ここ一番でかかるプレッシャーは相当なものです。そんな時、ある人は実力を発揮して周囲に認められ伸びていき、またある人はチャンスを逃しどんどん自信をなくして萎縮してしまう。

何でこうしたことが起こってしまうのでしょうか?

上に書いた二人の大きな差は「プレッシャーを利用してやろう」と考えるか「どうすればプレッシャーから逃げられるか」と考えるかにあるのではないでしょうか?プレッシャーや不安というのはともすると弱い人間の専売特許のように思われがちです。しかし、どんなに自信家の人間でも、大企業の社長でも、プロレスラーでも(?)プレッシャーは感じますし、不安や恐怖も感じます。

なぜならそれは人間が生きていくために欠かせない大切な能力だからです。太古の昔で言えば、突然猛獣に出会ったとき人間は不安や恐怖でいっぱいになります。そしてその不安から「戦う」なり「逃げる」という行動に出ます。体はアドレナリンが大量に出ることで、血圧が上がって顔が赤くなり、手足は汗ばみます。

これは血液を大量に流して激しい運動に耐えられるように、そして汗ばむのも戦ったり走ったりしても滑らないように、つまりはここ一番で最大限の力を発揮するための準備に他なりません。プレッシャーとはそういうものです。全力を出し切るための準備だと考えられるのではないでしょうか?

つまり、プレッシャーは感じない方がよいものではなく、感じるべきもので、いかにプレッシャーを利用して全力を出し切るかを考えるものだということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年6月16日

マネージメント

私は緑川から「マネージメントが下手くそ」だとよくしかられます。私自身が管理されるのが非常に嫌いなので、逆に言えばそんな人間が管理することを好んでするわけがなく全くその通りだと言われるたびに感じます。 私の組織マネージメントのイメージは・・・ともに目標をたて、その目標を自らマネージメントして達成していくつまりセルフマネージメントが基本にあり…

続きを読む

2019年6月15日

心の羅針盤

人間の意思決定は一日に約9000回行われていると言います。ご飯はどこで何を食べるのか、どの道順で向かうのか、誰と何を話すのか・・・などなど、言われてみれば日々の意思決定は結構な数行われていると言えます。ただ、もそのすごく大きな意思決定は10個程度なので普段はそんなに多いとは考えていないのかもしれません。 人が意思決定をするには何かしら判断…

続きを読む

2019年6月14日

しつこさ・・粘り強さ・・

エージェントゲートの緑川は「それは無理じゃないか?」「できっこない」という言葉にほぼ耳を傾けない。常に自分の知恵を「できる」方向に使うようにしています。今年からエージェントゲートで取り組むようになった女性のためのキャリアチェンジ支援サイト「キャリチェン」と人材業界初めての無料オンライン学習システム「キャリアカ」も最初はほぼだれも見向きもし…

続きを読む

2019年6月13日

ルビンのツボ

ルビンのツボって聞いたことはありますでしょうか?聞いたことがなくても見たことがある方はいるかもしれません。デンマークのエドガールビンという人が描いた多義図形の一つです。もしかしたら「老婆」にも「若い婦人」にも見える絵の方が多義図形としては有名ですかね? つまり、どちらにも見えてしまう不思議な絵のことです。ルビンのツボは「ツボ」にも「人の向…

続きを読む