プレッシャー

誰しも生きていると「ここ一番」というタイミングが何度も訪れます。大事な商談、プロポーズ、スピーチなどなど・・・ここ一番でかかるプレッシャーは相当なものです。そんな時、ある人は実力を発揮して周囲に認められ伸びていき、またある人はチャンスを逃しどんどん自信をなくして萎縮してしまう。

何でこうしたことが起こってしまうのでしょうか?

上に書いた二人の大きな差は「プレッシャーを利用してやろう」と考えるか「どうすればプレッシャーから逃げられるか」と考えるかにあるのではないでしょうか?プレッシャーや不安というのはともすると弱い人間の専売特許のように思われがちです。しかし、どんなに自信家の人間でも、大企業の社長でも、プロレスラーでも(?)プレッシャーは感じますし、不安や恐怖も感じます。

なぜならそれは人間が生きていくために欠かせない大切な能力だからです。太古の昔で言えば、突然猛獣に出会ったとき人間は不安や恐怖でいっぱいになります。そしてその不安から「戦う」なり「逃げる」という行動に出ます。体はアドレナリンが大量に出ることで、血圧が上がって顔が赤くなり、手足は汗ばみます。

これは血液を大量に流して激しい運動に耐えられるように、そして汗ばむのも戦ったり走ったりしても滑らないように、つまりはここ一番で最大限の力を発揮するための準備に他なりません。プレッシャーとはそういうものです。全力を出し切るための準備だと考えられるのではないでしょうか?

つまり、プレッシャーは感じない方がよいものではなく、感じるべきもので、いかにプレッシャーを利用して全力を出し切るかを考えるものだということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年3月22日

情熱の形

エージェントゲートのクリエイティブ事業部にはMくんというディレクターがいます。Mくんは筑波大学出身で非常に業務処理能力が高く、一般では考えにくいほどの業務量をこなしてしまいます。その頭の良さで、少々とっつきにくい印象があり誤解を受けがちではありますが。 最近、私はM君と一緒に仕事をすることが多いので、いろいろと新しい発見がありました。タイ…

続きを読む

2019年3月21日

第三の道

私は坂本龍馬が大好きです。もちろん、勝海舟も高杉晋作も西郷隆盛も好きですが・・・坂本龍馬の好きなところはやはり発想が大胆で常に第三の道を探しているところでしょうか。 人はどうしてもわかりやすい二元論に陥りがちです。やるのかやらないのか、善なのか悪なのか、好きなのか嫌いなのか。そんなに物事きれいにどちらといえることばかりではありません。選択…

続きを読む

2019年3月20日

LGBT

エージェントゲートのビジョンは「一人一人が個性を発揮し、輝いて働く社会を実現する」です。もうそろそろ耳にタコができてきている頃ですかね・・これからも何度も言い続けますけど。 さて、その人の個性の一つにセクシャリティーがあります。ダイバシティーでは第一属性といわれる年齢や国籍、人種といったものの中の一つでその人を特徴づける極めて重要な要素で…

続きを読む

2019年3月19日

ものの名前

エージェントゲートでは以前からカスタマーサポートをする方の採用を行い、その人たちを派遣するサービスを展開していました。しかし、そのサービスに特に名前がありませんでした。それを今年に入ってから「キャリチェン」というサービス名称を付け、広く世の中に発信していくことになりました。 さて、突然ですが・・・太陽系が属する銀河に星はいくつ位存在するか…

続きを読む