プレッシャー

誰しも生きていると「ここ一番」というタイミングが何度も訪れます。大事な商談、プロポーズ、スピーチなどなど・・・ここ一番でかかるプレッシャーは相当なものです。そんな時、ある人は実力を発揮して周囲に認められ伸びていき、またある人はチャンスを逃しどんどん自信をなくして萎縮してしまう。

何でこうしたことが起こってしまうのでしょうか?

上に書いた二人の大きな差は「プレッシャーを利用してやろう」と考えるか「どうすればプレッシャーから逃げられるか」と考えるかにあるのではないでしょうか?プレッシャーや不安というのはともすると弱い人間の専売特許のように思われがちです。しかし、どんなに自信家の人間でも、大企業の社長でも、プロレスラーでも(?)プレッシャーは感じますし、不安や恐怖も感じます。

なぜならそれは人間が生きていくために欠かせない大切な能力だからです。太古の昔で言えば、突然猛獣に出会ったとき人間は不安や恐怖でいっぱいになります。そしてその不安から「戦う」なり「逃げる」という行動に出ます。体はアドレナリンが大量に出ることで、血圧が上がって顔が赤くなり、手足は汗ばみます。

これは血液を大量に流して激しい運動に耐えられるように、そして汗ばむのも戦ったり走ったりしても滑らないように、つまりはここ一番で最大限の力を発揮するための準備に他なりません。プレッシャーとはそういうものです。全力を出し切るための準備だと考えられるのではないでしょうか?

つまり、プレッシャーは感じない方がよいものではなく、感じるべきもので、いかにプレッシャーを利用して全力を出し切るかを考えるものだということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年5月20日

Yume Wo Katare

ローマ字で読みづらい書き方になって申し訳ありません。これは「夢を語れ」と皆さんにはっぱをかけているわけではなく・・アメリカ最大の学園都市ボストンにあって、ハーバード大学やMITなど世界的に優秀な大学の学生に大人気なラーメン屋さんの名前です。 このラーメン屋さんは売り上げや利益率などの経営指標(目標)を持たずに、黒字経営を続け、成長している…

続きを読む

2019年5月19日

褒められた思い出

私の母は女子美術大学を卒業し美術の教員免許をもっていました。そういうこともあったので私も子供のころから絵の勉強はしてましたし、親と一緒に美術館にいったりしていたことを覚えています。しかし、当時の私は大して絵を描くこと自体好きではなく、なんとなく母の勧めで描いていたにすぎませんでした。 小学校2年生のある日、自分の絵が貼りだされて、その絵に…

続きを読む

2019年5月18日

65%という数字

ダボス会議という経済会議が年に一度あります。そこで発表されている数字に65%という数字があります。これは・・・今の子供たちが将来働くときに今ない仕事で働く割合です。逆に言えば、今ある会社で今ある仕事で働く子供は35%しかいないということになります。 ということは・・今ある会社はどんどん新しいビジネスを生み出していかない限りは今の子供たちが…

続きを読む

2019年5月17日

今夜は月がきれいですね

この言葉は文豪の夏目漱石が学校で営業の授業の際に「I love you」を学生に訳させたところ、当たり前ですが「私はあなたを愛しています」と答えた学生に日本人がそんなことを言うか「今夜は月がきれいですね」とでも訳しておけ。といったというどうもホントかウソかわからない話のようです。 そう日本語は行間を読んだりすることで、直接的な表現をできる…

続きを読む