内発的動機付け

エージェントゲート代表の緑川とよく食事に行くのですが、その都度感じることがあります。それは「内発的動機づけ」の重要性です。仕事に打ち込む理由は「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」があるのは皆さんもよくご存じの通りです。

地位や年収にこだわるのは外発的な動機だし、やりがいや好みで頑張るのは内発的な動機と言えます。多くの人はもちろんそのバランスの中で仕事をしていることでしょう。「やりがいは大事だけど、生活もあるしある程度のお金も貰わなくっちゃいきていけない」当然のご意見です。

でも、人によってどちらが大事なのかは違います。皆さんはどうでしょうか?両者の違いは一体何でしょう。外発的動機を重要視する人はゴールを大事にします。一方で、内発的動機を重視する人はプロセスを大事にします。それが大きな違いではないでしょうか?

働いた結果もらえる地位や名誉、給与は一つの結果(ゴール)です。プロセスを大事にするということは・・・つまり働くことそのものを大事にするということです。仕事そのものが好きってことですね。

いろいろな考え方があるので、私にはどちらが良いのかと結論は出せません。しかし、ひとつ言えることは、成功と幸せは必ずしも一緒ではないということです。ビジネスで成功した人でも自殺してしまう人もいますし、まだまだ、小さなな事務所でも、とってもいきいき働いている社長さんもたくさん知っています。そういう意味では結果だけですべてが判断されることには違和感を感じます。

緑川は「仕事が大好き」だと言い切ってしまう社長の代表と言えます。私はたまに躊躇する時がありますけどね・・・そんな一言を聞くたびに仕事の結果ではなく、仕事そのもの(内発的動機)を好きになることは自分の中で幸せに近づくことなのではないかと思うのでした。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
2019年4月25日

取り組み方

仕事はその取り組み方を見れば、おおよそその後の成長というか伸びしろがわかると言われます。私も絶対ではないですが、やはりそういうところはあるように思います。取り組み方とはごく単純なことで、人として誠実に向き合っているかどうかというところに尽きるのではないでしょうか?つまり、挨拶をするとか時間を守るとかお礼を言うとかそういうことです。 そんな…

続きを読む

2019年4月24日

父に感謝すること

私の父は自分で会社を経営しています。小さなころまではサラリーマンでしたが、その後は独立して、自分の印象としてはほぼ経営者のイメージしかもはやありません。 先日、動画で小学生に対して「働く」という講演をしている講師がこんなことを言っていました。「皆さんコンビニやレストラン、駅などいろんなところで働いている大人の人を見ることってありますね。そ…

続きを読む

2019年4月23日

できると思うのか、できないと思うのか

何か新しい取り組みを始める際に、できると思って取り組むのか、そんなことできる訳ないと思って取り組むのかは結果に大きな違いがあります。 こんなエピソードを聞いたことがあります。その会社は東京都大阪でビジネスをしていてある時一斉に東京都大阪で同じ価格にするという改革を行うことになりました。大阪の責任者は大反対をします。大阪と東京のマーケットの…

続きを読む

2019年4月22日

大事にするから集まる

私の周りにはコレクターと呼ばれる人が多い。私もいろいろなもののコレクターです。水木しげる先生や永井豪先生、藤子不二雄先生のような少し古い漫画も集めていますし、草間彌生さんのグッズ(パーカー、シャツ、キーホルダーに定期入れ)も集めています。くだらないものだと・・お弁当の中の醤油入れや死亡記事なんかも一時期集めていました。 世の中いろいろなも…

続きを読む