成果の法則

尊敬する経営者の一人に船井総研の船井幸雄さんがいらっしゃいます。船井さんの書籍はほとんど読みました。たくさんの学びがありましたが、その中に成果の法則について書かれている部分があったのを記憶しています。厳密には「成果と意識の法則」とでもいうのでしょうか。

仕事の成果については以下のような法則があるというものです。仕事は指示を受けて、やらされている場合の成果を1とした場合。なぜその仕事をやらなくてはいけないのか?つまりその仕事の意味を正しく理解すると成果が1.6倍になると船井さんは言ってます。上司の指示あるいは先生の指示でトイレの掃除をした場合、なんで俺がトイレ掃除なんてしなくちゃいけないんだ・・めんどくさいな。と思ってやる場合の成果が1なら。トイレがきれいなら働く仲間やいらっしゃるお客さんがトイレを気持ちよく使うことができて、生産性が高まるから自分はトイレを掃除している。と思ってやれば成果が1.6倍になるということですね。

さらに言えば・・・自ら進んでやった場合はその1.6倍=2.56倍に成果はなるようです。指示されていやいややる:やる意味を理解してやる:自ら進んでやる=1:1.6:2.56ということですね。

エージェントゲートではできるだけやりたいと思う仕事をやるようにしています。そう聞くと生意気に聞こえますが、なぜならやりたい仕事だからこそ、自ら進んで取り組むことができ、それがお客様への成果につながるからに他なりません。

“成果の法則” への1件の返信

  1. いつも学びの深いお話ありあがとうございます!どれも楽しく読ませていただきました。
    確かにその仕事の意味まで考えて仕事をすれば、やらされ感で仕事するより、視野が広がりより良い成果が出せますね。
    これからも投稿楽しみにしています!

    親松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です