カードローン

【最短60分で融資可能】プロミスの審査に落ちる7つの理由と審査前に確認したいポイントを徹底解説

今すぐお金が必要!というときに強い味方となるのが、カードローンです。なかでもプロミスはテレビCMも放映されており、気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、「どんなカードローンなのか知りたい」「審査に落ちたくない」と疑問や不安をお持ちではないですか?そこで今回は、プロミスの基本情報や審査に落ちてしまうと考えられる理由を徹底解説!

  • プロミスの基本情報とは?
  • プロミスのカードローンの4つの特徴とは?
  • プロミスの審査基準は?確認すべきポイント6つを紹介!

また、審査前に確認しておきたいポイントについてもご紹介します。これから申し込みをするあなたは、ぜひ参考にしてください。

今すぐ最短60分で融資可能のプロミスに申し込む

なお、プロミスに限らずおすすめのカードローンが知りたいというあなたは、以下の記事を参考にしてください。

【2021年最新】おすすめのカードローン人気ランキング9選を徹底比較!失敗しない選び方・金利・特徴も

プロミスの基本情報とは?

プロミスの基本情報とは?

引用元:プロミス公式HP

会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
申込資格 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方
※主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可
実質年率 4.5%~17.8%
延滞利率 2.0%
最高融資額 最大500万円
融資までの最短日数 即日融資
借入方法 店舗またはATMから借り入れ、口座振り込み
返済方法 インターネット返済、口座振替、店頭窓口、ATM、提携ATM
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営するカードローンです。20歳以上で安定した収入があれば、申し込みができます。

中には会社員でなければ申し込みできないカードローンもありますが、プロミスならパートやアルバイトであっても収入があれば融資してもらえる可能性があります。また、最大限度額も500万円と大きく、まとまったお金が必要な方にも対応しています。

さらに、借り入れや返済はコンビニATMのほか振り込み・口座振替も利用でき、忙しいあなたにピッタリです。即日融資も可能なため、お金が必要なあなたは今すぐ下のボタンをタップして申し込みをしてください。

今すぐ最短60分で融資可能のプロミスに申し込む

プロミスのカードローンの4つの特徴とは?

プロミスのカードローンの4つの特徴とは?

世の中には多くのカードローンがあります。そんな中、プロミスは他社とは異なる4つの特徴があります。

4つの特徴

  • 5種類のカードローンがある!
  • 初めての利用なら30日間利息0円!
  • Web申し込みは最短60分で融資が可能!
  • 50万円以下は収入証明が不要!

あなたの目的に合わせて選べるカードローンや無利息期間が得られるのは、嬉しいメリットです。ここでは、プロミスのカードローンの特徴について解説をします。他社と悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてください。

特徴①:5種類のカードローンがある

プロミスでは、目的やあなたの属性に合わせた5種類のカードローンが用意されています。

  • フリーローン
  • 目的カードローン
  • 自営者カードローン
  • レディースローン
  • おまとめローン

フリーローンは一般的なカードローンで、生計費を主な目的としています。事業費として利用したいなら自営者カードローン、女性のオペレーターに対応して欲しい方のためのレディースローンなどがあります。結婚資金や教育資金・他社での借り入れをまとめたい方など、さまざまな目的に合わせたカードローンが用意されています。

あなたの目的や属性に応じてローンを選べるのは、嬉しいですが、各ローンにより実質年利や最高融資額が異なるので注意が必要です。申し込む前に、あなたがどんな目的で借り入れをしたいか確認をするといいですよ。

特徴②:初めての利用なら30日間利息0円!

金利はできれば安い方がいいですよね。プロミスでは、初めて利用するなら30日間無利息になります。30日の間に何度利用しても利息はかからず、短期間で返済したい方にとってお得なサービスです。

条件は、メールアドレスをご登録しWeb明細を利用するだけなので、誰でもできますね。利息は払いたくない!という方は、30日以内に全額返済できれば本当に無料です。少額利用ですぐに返せるというあなたは、30日間無利息をぜひ利用してください。もちろん、30日過ぎれば利息はかかりますが、カードローンの利用はできますよ。

特徴③:Web申し込みは最短60分で融資が可能!

特徴③:Web申し込みは最短60分で融資が可能!

Web申し込みなら、最短60分で融資が可能となります。Web申し込みの受付時間は24時間。パソコンやスマホから申し込みができます。

プロミスの審査時間は、9時~21時までの間です。遅くても20時半までに申し込みを済ませておきましょう。審査が翌営業日に持ち越すと、当日中の融資ができなくなってしまいます。

また、大型連休は休みに入る可能性もあるため、余裕を持って申し込むことをおすすめします。即日融資を希望するなら、振り込みに間に合う時間帯に契約を済ませるか直接店舗に行ってください。

特徴④:50万円以下は収入証明が不要!

融資を受ける際に、返済の目処が立つか確認するために、収入証明を提出しなくてはならない会社は多いです。しかし、プロミスなら収入証明が以下の条件に限り不要になります。

  • 希望の借入額が50万円を超えない
  • 希望の借入額と他社でのお借入残高の合計が100万円を超えない

収入証明をわざわざ用意するのは非常に面倒ですよね。プロミスなら、面倒な工程も行わなくて済むので、すぐに借り入れをしたい場合や収入証明が用意できない方でも安心です。

特徴⑤:ポイントサービスがお得!

プロミスでは、カードローンに珍しい「ポイントサービス」があります。ポイントに応じて無利息となる、お得なサービスです。

例えば、ポイントサービスを申し込むと100ポイント・源泉徴収票の書類を提出すれば160ポイント貰えます。250ポイント貯めれば、7日間無利息に。さらに、400ポイントで15日、700ポイントで30日間無利息になります。

お得に借り入れをしたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてプロミスに申し込んでください。

今すぐ最短60分で融資可能のプロミスに申し込む

プロミスの審査基準は?確認すべきポイント6つを紹介!

プロミスの審査基準は?確認すべきポイント6つを紹介!

カードローンに申し込むからには「審査に落ちたくない」と思いますよね。そこで気になるのが審査基準です。しかし審査の基準は、どのカードローン会社も非公開になっており、実際のところどのような基準が設けられているかはわかりません。

とはいえ、申し込み時の申告内容や公式ホームページの記載からある程度は予測することができますよ。筆者が公式ホームページを詳しく確認して導き出した「プロミスに申し込みをする際に確認したいポイント」は以下の6つです。

確認ポイント

  1. 信用情報
  2. 借入状況
  3. 住まいに関する情報
  4. 職業
  5. 勤続年数
  6. 年収

他社での借り入れや過去の履歴から得る「信用情報」や「借入状況」は、必ずチェックされる項目です。また、今住んでいる家が持ち家なのか借家なのかも重要なチェック項目になります。

申し込み資格が「安定した収入のある方」である以上は、職業や勤続年数および年収も審査されている可能性が高いですね。審査基準は非公開ですが、通りやすくするためにはあなたのステータスを上げておくのも1つの方法です。

ここまでポイントを紹介しましたが、実際のところ借り入れ可能かどうかは、審査をしてみないとわかりません。今すぐ融資可能か知りたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐ最短60分で融資可能のプロミスに申し込む

プロミスの審査に落ちる7つの理由とは?

プロミスの審査に落ちる7つの理由とは?

申し込みをするなら、審査に通って融資を受けたいですよね。しかし、残念ながらすべての人が融資を受けられるというわけではありません。審査に落ちてしまう方もいます。その理由は何なのでしょうか?

ここでは、プロミスの審査に落ちてしまうと考えられる7つの理由をご紹介します。

理由①:申込条件に該当していないから

申込条件に該当していなければ、審査に落ちてしまいますよね。プロミスの申し込み条件は、年齢が20~69歳で安定した収入があること。どちらかが欠けてしまうと、融資を受けることができないでしょう。

収入面に関しては、主婦や学生であってもパートやアルバイトをしていれば申し込みができます。しかし、ほとんど出勤していないような無職ともいえる状況なら、審査は厳しいものになるでしょう。

年齢に関してはそもそも20歳に達していなければ門前払いとなります。しかし、2022年4月1日より18歳以上が成人となるため、その場合には借りられる可能性も出てきます。

理由②:借入希望額が高すぎるから

プロミスの最大借入額は500万円です。しかし、あくまでも最大であって借入可能額は審査により決定します。貸金業法で定められている総量規制によって、プロミスのような信販系カードローンでは年収の3分の1までしか借りることができません。

よって、借入希望額が高すぎると「返済できないのに借りたい」ということになり、審査に落ちてしまう可能性があります。なお、貸金業法総量規制には銀行系のカードローンは含まれません。借入希望額は、あなたの年収から逆算して希望を出すようにすると審査に通る可能性が上がるでしょう。

理由③:信用情報に問題があるから

理由③:信用情報に問題があるから

過去に延滞していたり他社で何か問題があったり、信用情報に問題がある場合も審査に落ちる可能性があります。

信用情報というのは、CIC(シー・アイ・シー)JICC(日本信用情報機構)全国銀行個人信用情報センター3つの信用情報機関に登録されている滞納や支払状況、他社での借入状況などの情報のことです。

審査基準は会社により異なるため、過去に何か問題があっても可能性はゼロではありません。しかし、審査が厳しくなる可能性が上がるのは間違いないでしょう。

現在、クレジットカードの利用や他社での借り入れがある場合は、信用情報に傷がつかないように注意してください。

理由④:直近複数の会社に融資を申請しているから

いくつもの会社に融資を申請している場合も、審査に通りにくくなる原因の一つと考えれらます。直近で複数社に申し込みをしているということは、お金に困っているということ。返済能力がないとみなされてしまうのでしょう。

他社で借り過ぎているなら、返済を早めに済ませておきましょう。また、一度にたくさん申し込みを行うのも避けた方がいいですね。

理由⑤:勤務年数が短すぎるから

勤務年数が長ければ、すぐに退職することは考えにくく継続的に給料をもらっているのが想像できますね。しかし、就職・転職したばかりだと勤務年数が短く、審査が通りにくいです。また、退職後も審査に落ちやすい傾向があるようです。

あなたの勤務年数が短い場合は、できる限り長く勤めてから申し込むと審査によい影響を与えることができるのではないでしょうか。

理由⑥:会社の在籍確認が取れないから

理由⑥:会社の在籍確認が取れないから

カードローンの審査の「在籍確認」はあまり気持ちのいいものではありませんね。しかし、実際に勤めているかどうかを確認する在籍確認は、とても大切な審査の一つです。

カードローン会社からすると「本当に働いていて返せる見込みがあるのか」は融資をする上で重要な要素といえます。電話がかかってきて困るかもしれませんが、勤務先の電話番号は嘘をつかずに正直に申告をしてください。

理由⑦:申告書類に不備や虚偽があったから

申告した書類に不備または虚偽がある場合は、審査に落ちてしまうのは明白ですね。審査は申告内容と書類を照らし合わせて行います。その際、内容に相違があると「嘘をついた」と捉えられてしまいます。

入力間違いの可能性も考えられるため、確認の電話がかかってくることも。回答に信憑性がなければ、審査で落とされてしまう可能性が高くなりますよ。今すぐ申し込みたいあなたは、下のボタンをタップして正しい情報を入力してください。

今すぐ最短60分で融資可能のプロミスに申し込む

まとめ:プロミスの審査をパスして最短60分で融資を受けよう

まとめ:プロミスの審査をパスして最短60分で融資を受けよう

プロミスのカードローンの特徴や審査に落ちてしまう理由を解説しました。また、審査前に確認しておきたいポイントについてもご紹介しました。

過去の履歴が気になる方や他社で借り入れをしている方は、審査が通るかどうかが不安ですよね。この記事で挙げた落ちる理由に該当していれば、融資を受けられない可能性が高いと考えられます。

※さらにプロミスの審査について知りたい方はこちら

とはいえ、プロミスのカードローンの審査基準は公表されておらず、申し込んでみないと結果はわかりません。

実際に審査に通るか気になるあなたは以下のボタンをタップして申し込みをしてみてください。審査から融資まで最短で60分ですよ。

今すぐ最短60分で融資可能のプロミスに申し込む

-カードローン

© 2021 ライフエージェント